笑う門には福がくる

笑うかどには福が来るという諺があります。一般的に笑いの多い家族家庭環境で育つと成功したり、幸運に恵まれることがあると解釈されています。社会でも悩み心配事のない人は笑顔になり、陽気で楽天的な人は話すと楽しいので人が集まってくる結果幸福が訪れる事はあると思います。この言葉の本質的な意味は、善良で思いやりを持った生き方をする人は、感謝の思い、良い念を受けるので、心の中にある苦痛の思いが消され自然と穏やかな笑顔になるという心の性質があります。

デパートの店員さんは、お客さんに笑顔で接するように教育されます。心に苦痛の少ない善良な店員ぱかりなので、当デパートで買い物をすると善良な念の付加価値も付いていますとアピールするのです。
この諺の意味は角度を変えてみると・善良で思いやりを持った生き方・を省略しても、笑顔をつくると他人から得られる好印象の念の作用で、心の中にある苦痛や否定的な念を取り去ろうとする合理的な考え方もあります。笑顔に向けられる肯定的な念の性質は受動的で、見られる人の心を意識拡大する効果があるので心に安らぎを得られます。

向けるという行為に気功があります。気功のメカニズムは、病心の人に、気功をする人の強い念を向けることで、心の性質を入れ替えようとするものですが、どちらも、軽度な鬱病で心が沈んでいる人、体「心」に痛みをもっている人は、忘れるような現象がおきることがあります。

気功のように抑圧された念を入れ替える方法は、気功師の治るという強い自我の感情を伴うため、気功師の心の性質も移る可能性があります。

宗教的な行為、たとえば、加持で得られる治癒力は、施術する人の無心の意識と病心の抑圧された意識を同化させて消し去る方法を取るため副作用の少ない利点があります。加持のように宗教的な無心の行為は痛みを引き起こす抑圧された感情の奥にある、心を創り出す原因心、因果も消し去ることがあります。

人間は物事を肯定的に捉えるよりも危険な場面に遭遇したとき肉体が損なわれないように、否定的な感情で物事を捉えるような心のメカニズムを遺伝子の中に持っているのかもしれません。


マーフィーの法則のように、悪いことはいつも最悪のタイミングで起こる。

身を守ろうとする自我のもつ恐れの意識は、困難な場面に直面すると、右脳の働きが弱められ肯定的な思いで対処するより、物質的なものと物質的な物の関連の中で解決しようとする傾向があります。物質に関わる人の心が読めなくなり、失敗をするような行動をとるのかもしれません。

現実には起こりえないような場面を創造して必要以上に恐怖心が湧いた結果、現代医学で検査しても物理的な原因が認められない体の痛みを感じ、切断して無いはずの足の痛みを訴えるような現象がおきたりもします。足の痛みが心に苦痛をあたえるように、足を切断した事で心に大きな負担がかかるような場合、同じような境遇にある人の足の痛みを感じて、無いはずの足に痛みを感じることがあります。これらの症状は、他人の念体を感じ取って、足を支配している脳が痛みを感じるものです。