記載内容は掲示板の質問に答えたものです

   
 引きこもり

 
質問

はじめまして、23歳のフリーターです。家族は私、母、26歳の兄、3人家族の母子家庭で育ちました。父は私が生まれて間もなく、うつ病で自殺しました。兄は決まった仕事をもっていません。新聞配達や引っ越しのバイトをしても人間関係がうまくいかないので、半年もしないうちに仕事をやめて引きこもってしまいます。母が生活費を働いています。兄が自立する方法はありますか。壁を殴ったりして暴れたりすることもあります。  
 
 答え

引きこもりの原因は複数ありますが、お母さんが対人関係がにがてで他人を心の中に受け入れにくい体質のため胎内で胎児がお腹で育っているとき、子供が幼少時に、母親が精神的な悩みを抱えている等の原因があると、幼児の向ける念を、他人の念と錯覚して受け入れることができない場合があります。
 子供は、母親が人の心を受け入れることを拒否する体験をするため、成長して反抗期思春期といわれる他人の心を受け入れやすい精神状態、生殖機能の活性がおきるとイライラして心に葛藤がおきたり、怒りの感情のたいけんをするようになります。  
  原因として考えられるのは、うつ症状で亡くた父親の死が重なっているため、母が亡くなった父を思い、心の内を見つめる環境が、子供の心が他人の念に反応しやすくなった事も問題を引き起こす大きな原因となっています。 

一般的に自己「母」と、自己を意識する対象「父」の人間関係がスムーズな場合、どちらかが早死にするという可能性は少なくなります。以前も諺の説明で書きましたが、「お前100まで、私は99まで」この説明は相手を受け入れると、苦痛の意識状態が解除されて長生しますよ、という意味も含まれています。

  母の自己意識を高める対象の父の意識が失われ「死」ることは、自己の死の次くらいに大切なものが失われる現象だからです。 父と母の心の関係にすれ違いがあるため、他の人の念を受け入れる事の出来ない性質が作られた事も原因として考えられます。 フリーターさんの父親が早く亡くって、社会に男性として立ち向かう意識感覚が養われないため、対人関係がスムーズに行かないことも原因します。
「母子家庭で育つ子は社会に対応する意識が育ちにくいという意味ではありません」
  うつ症状の原因の一つに、胎内にいる時を含め幼児期に抑圧された感情が母親から感じられると、成人してから仕事や対人関係で、小さなストレスも精神状態を不安定にすることがあります。
心の中に70パーセントの苦痛を感じる抑圧の印象を持っている人に、10パーセントの苦痛が加わりると、プラスされて80パーセントのストレスが表面意識に浮かび出てくる人がいます。

過去の抑圧が表面化して、うつ症状の原因になる条件は、家族に何らかの精神的な問題を抱えている人がいたり、自身の念を強めている身近な人が他界する。引越しや職場の移転など、自身の念に良い影響をあたえている人との別れが原因する事もあります。深層意識にある抑圧された意識の強い人が、他人の良い念の作用で、一時的に表面に出なくなる場合もありますが、その人間関係が破綻すると精神疾患として出てきます。

心の抑圧のメカニズムは、体験として左脳が記憶するのではなく、何らかの出来事に関わる人の念とのつながりで記憶してゆきます。解除する方法は、物理的な問題を理論で正当性を理解させるためのカウンセリングでは、ほとんどの場合改善はみらません。対話する時カウンセラーの念と同化させてカウンセリングする方法もありますが、カウンセラーの念を修正する人がいない場合カウンセラー、セラピストの心が不安定になることもあります。

問題点とつながりのある念を解除する、加持「徐霊」の念と同化させて解除する方法が必要です。
 


疑問質問にお答えしますのでメールか電話をください。