フロイトの錯誤行為

両親の職場環境、経済的理由で少子化が問題になっています。子供が社会で優位な環境を保つ為には一人の子供に豊かな経済的環境や学ぶ環境を与えるほうが、将来、豊かな環境を得られるものなのでしょうか。それとも、兄弟姉妹の数が多いほうが良いのでしょうか。

 親兄弟姉妹より、友達と話している方が楽しい印象を受ける人が多いようですが、何故、小さい時から生活を共にして自身を理解しているはずの兄弟姉妹より友達の方が楽しいと感じられるのでしょう。

 子供は生まれて3歳くらいまでの間記憶力よりも、周囲の親兄弟姉妹親戚、一族の両親と念の性質が似ている人達の意識を自身の意識感覚の中に記憶している時期があります。三つ子の魂百までも同じ母親から生まれた兄弟姉妹は、同質の念をもっているため、何らかの不都合な出来事で悩むと不安定な精神状態が伝わりやいのが原因します。

 例えば、Aという人がいたと仮定します。には3人の兄弟姉妹がいます。が何らかの精神的な悩みで気力が落ちるようなことがあると、の深層意識に記憶されている、3人の兄弟姉妹、親戚一族の意識は心の性質が似ているため、理由の解らない不快感、不安感として意識され、肯定的な高揚する意識に修復しようとします。Aが体験している精神を不安定にする原因が、3人の兄弟姉妹、親戚一族が以前体験した出来事であれば、極めて早く問題の解決と精神的な不安が解消されます。

不安定な精神状態体調不良を感じ取る無意識の意識行為は、仕事等からくる自身の中に起きる精神的なストレスのように感じられ、日常の生活の中で繰り返し体験されています。複数の兄弟姉妹がいると、精神状態が不安定になる頻度も高くなりますが、意識体験を繰り返す事によって、複数の念が一体となり、気力を強め、社会で起きる不都合に対処する精神的免疫力が高められるメリットもあります。親兄弟姉妹の元を遠く離れ、一人暮らす事があっても意識を高める効果はあります。

職場は対人の連携の中にいるため、他人の念に無意識に合わせようとしますが、自己を意識できる心の環境を持っている人は忍耐力があり、失敗が少ないものです。両親兄弟姉妹一族の心の体験で得たものは、将来、社会で対人関係をもつとき他人の意識に支配されにくい自立した心の環境をつくります。

 念のつながりを理解する体験として、親戚の人の夢を観て、何気なく電話をしたら本人が病気だと言われた。誰かの事を思い出したら、直後に電話が掛かってきた。近い親類や親しい人が亡くなった時間に夢枕に立った。家の中で物音がして不安を感じた。仏さんの凛が鳴る音が聞こえた等は似たような現象です。

 兄弟姉妹の念によって助けられる効果は、両親が子供を支配しようとする感情が維持されている幼児期よりも、社会で活動するようになると顕著に現れます。両親兄弟が亡くなり、職場を退職して人間関係が希薄になると、気力が失われ体調不良になり病的な症状が現れる人がいます。

 年齢を重ねても社会に必要とされる立場にあり、周囲の人から尊敬の念を受ける人は、年齢を重ねても早死や痴呆症になりにくいものです。

 このような心の深層意識にある無意識の心の働きは、フロイトの精神思想の根幹を成すもので、錯誤行為と言われています



 理解できないところは説明しますのでメールをください。