恋愛

幼年期から中学生の前中半頃までは両親の念の影響を強く受け、自身の心の性質を外に出す事は少ないのですが、男性は変声期・女性は初潮を境にして、体調の変化と共に両親の念を避けるようになり、自己を強く意識させる、異性から向けられる念を受け入れるようになります。

体調意識の変化が起きる時期は一般的に反抗期と言われていますが、多少個人差があります。自己の遺伝子を残すのに都合の良い念の性状は、不特定多数の念と同化しやすいため、精神に一貫性が失われ、心に衝動的な変化がおきやすくなります。念を引き込みやすい心の性質は、恋愛を繰り返し、他の異性から向けられた念の働きによって、失恋といわれる行為もおきやすくなります。

 思春期に、異性関係でおきる高揚する情動は、苦痛を伴うような場面に出合った時、繰り返し思い出され、心を支えようとすることがあります。強い念体を持っている人との高揚する性的な情動体験は、心を長く支配するため、他の恋愛に魅力を感じなくなり、長く未練のようなものとして残り、恋愛が出来なくなる人もいます。

思春期を過ぎると念質が変わるため、おおよそ30歳以前のような高揚する恋愛体験をする事は少なくなります。心の中に強い抑圧を持っている人は高揚しない不安定な精神状態になる人もいます。

三十歳頃に起きる不安定な状態を厄年といいます。男女に年齢差はあります。

改善方法は、精神の理解と、加持などで念質を変える必要があります。